製造工程

step1.フットプリントの計測

ポドトラックを使用し、立ちあがった時にどの部分に圧力が集中しているかをプリントした結果から、体重心や歩き方の癖などを読みとります。

step2.足部の採寸

メジャーを用いて足部の各ポイント(ボールガース、ウエストガース、スパンガース、ヒールガース、トップガース、ハイトガース、趾の高さ)の週型を計測します。

step3.足部の採型

Casting Sockとメモリーフォームを用いた採型を行います。これはプラスティック包帯がロールになったもので靴下を履かせる様に巻き上げると巻きむらのない理想的なモデルを採ることができます。

step4.スキャニング

YETIでCasting Sockの形状を0.1mm単位の制度で、3次元データに置き換え、コンピュータに取り込むことができます。

step5.ラスト形状の選択

スキャニングされたデータがコンピュータに入力され、ラストライブラリーより最適なラストをコンピュータが選択します。

step6.ラストの修正

コンピュータが選択した最適なラストにポドトラックデータや足部の計測結果を入力し、ラストの修正をコンピュータ上で修正します。

step7.ラストの削りだし

コンピュータデータから直接、切削機でラストを削りだすため、精密なラストを短時間(1個あたり10分弱)で削りだすことができます。

step8.足底板の削りだし

ラスト削りだしと同じ様に足底板も削りだします。足底板は1枚あたり5分弱で削りだすことができます。

step9.ラストの完成

弊社のCAD-CAMを用いたラスト削りだしは「適合性」「納期短縮」「復元性」を追求した新しいシステムです。

株式会社バンキフへのお問合せ